輸入車の価格メリット
Facebook`FbNFlj

当店で150万円の輸入車が他店では300万円に

業者間における輸入中古車の取引は国産車に比べ大幅に安価取引されているのですが、なぜか市場では高額な輸入車価格のまま販売されています。

オートオークションでの輸入車価格メリット

諸条件によりますがオートオークションでは、国産車以上に市場価格と比較て圧倒的価格差が発生し易いです!当店販売価格150万円程度の輸入車が300万円で販売 されている事も確認済です(オートオークション取引車両を追った実際のデータです)

もちろん内外装や機関ともにポンコツ車両なんかではなく、立派な現役高級車・正真正銘正規ディーラー車であり、300万円と言われてももっと高価に見える自動車です。

市場相場1,000万円超の車両であれば200万、300万円の価格差は当たり前になってきます。300万円以下の車両であれば50万円~100万円の価格差が見込まれます。この価格差はあくまでも車両本体価格であり、その他諸費用や手数料によっては更に大きな価格差が生じます(車種条件次第では価格差が少なくなる可能性もございます)

オートオークションでの輸入車購入のデメリット

オートオークションであるからこそのデメリットはありません。むしろしっかりと検査されておりますのでメーター戻し等の心配もなく安心です。デメリットがあるとすれば、一般の中古販売店で輸入車を購入される場合と同様の「輸入車リスク」があるだけです。輸入車リスクと言いましても、それに対応する手段さえ心得ていればリスク・デメリット以上にメリットの恩恵が上回りますので大きな問題ではございません。

特に勘違いされやすい事案としては「すぐ故障する、修理代が高額過ぎる、修理工場がない」等、イメージとしては悪評だらけで最低です。私も20年落ちのアメ車(アメ車と言えば故障の筆頭)を約10年と、ドイツ車は2年毎で乗り換える形で20年ほど乗り続けております。経年劣化もございますがこれは国産車も同じです。修理代・部品代が高額なイメージが付きまといますが、あくまでもイメージ先行されているだけであり「国産車よりも若干割高」と捉えられる程度だと思います。
もちろん車種、部品によっては高額修理を要しますが、それは国産スーパーカーにも共通する事です。デメリットを超越する価格メリットが「より魅力的」であるとの感覚で輸入車ライフをお楽しみください。

ǎÎԂ͖{Ɉ܂
PAGE TOP